土方 歳三

ひじかた としぞう

1835-1869 享年35歳。

□1835年、武州多摩郡桑田村石田に
  生まれる。
  父は土方隼人義諄、母は恵津。
  歳三は六人兄弟の末っ子で、兄を
  為二郎、喜六、大作、姉を周、のぶ
  といった。

□父・義諄は歳三の誕生を見ずに没し
  、母・恵津も1840年に四十七歳で
  没した。
  幼い歳三は兄・喜六夫婦の手で育
  てられたという。

□1846年、歳三が十一歳の時、江戸
  上野の伊藤松坂屋へ奉公に出さ
  れた。
  家が貧しさあまりの”口減らし”とは
  違い、行儀見習いのためである。
  土方家は、郷里で「お大尽」と呼ば
  れる富農である。

□番頭とのつまらぬ喧嘩で松坂屋を飛
  び出し家に戻った歳三は、十七歳の
  時、再び伝馬町の呉服屋へ奉公
  に出されたが女中と関係を持ったこ
  とで暇を出される。

□土方家は、農業のほかに薬売りをし
  ており、歳三も薬売りを手伝う傍ら、
  方々でさまざまな道場で剣術を磨い
  ていた模様。

□歳三の姉・のぶの嫁ぎ先である日野
  宿寄場名主の佐藤彦五郎は、勇の
  養父・近藤周助に天然理心流を学
  び、自宅に道場を開くほど熱心だった。
  もちろん、歳三もこの熱心な親族の
  道場に出入りしており、江戸から出
  稽古に来ていた近藤勇と知り合う。

□1859年、三月九日。歳三は二十五歳
  で、天然理心流に入門した。天然理
  心流の免許皆伝には、通常5年以上
  かかるとされており、歳三も免許皆伝
  を得ずに、京都で活躍することになる。

□1863年、二月四日。出羽郷士清河八郎
  の策謀で持ち上がった将軍護衛の浪士
  組に参加。
  歳三は、近藤道場・試衛館の仲間、近
  藤勇、山南敬助、沖田総司、永倉新八、
  原田左之助、藤堂平助と共に六番組
  西恭助組に配属される。

□京都に就いた一行は、決起者・清河八
  郎の尊王攘夷宣言に異を唱え、清河
  八郎と決別。
  あくまでも佐幕派に徹する壬生浪士組
  を結成するに至る。
  京都守護職を務める会津藩の援助を
  得る。

□土方歳三の人物像は、とにかくモテた
  という。
  「役者のような男」「一個の美男子と申
  すべき」などと歳三に実際にあった人
  の評がこれである。
  また、自分がモテることを自慢する話
  も残っている。
  日野の理心流門人一同に京都の歳三
  から小包が届けられた。小包の手紙に
  は「諸君に素晴らしいものを送る」とあ
  った。門人一同ワクワクしながら包み
  を開けてみると、十数通もの手紙が入
  っている。
  読んでみると、どれもが京都や大坂の
  遊郭娼婦が歳三に宛てた熱烈な恋文
  だったという。

□芹沢鴨暗殺計画に参加した歳三は、沖
  田の最初の一撃で討ち損じた芹沢に
  第二撃を見舞い、見事首級を挙げて
  いる。

□1864年、新選組は、寺田屋事件後、隊
  士募集を行い150名を越す大所帯と
  なった。
  寺田屋事件の時は、34名であったと
  されるだけに大部隊の編成とともに
  統率の意味で「局中法度」が出された。
  隊規の内容は、士道不覚悟はもとより
  、脱隊、金策、訴訟が禁止され、後ろ
  傷は敵前逃亡とみなされ、
  これらに違反したものは全て名誉の切
  腹とされた。

  この発布以来、歳三も変化し、手紙の
  内容もそれまでは多弁で、慢心だった
  文章から事務的でしっかりとした文章
  に変わっている。
  副長となった歳三は、月収が40両とい
  う高給取りとなり、当時の貧しい武士
  たちから見れば、大出世したことに
  なる。

□1868年、一月三日、鳥羽伏見の戦いが
  勃発する。
  最前線の伏見奉行所に布陣していた
  新選組は、歳三が指揮を執っていた。
  前月十八日に分派活動のかどで誅殺
  された伊東甲子太郎の仲間に狙撃さ
  れ負傷した近藤は、大阪城に退いて
  いた。

  錦の御旗が翻る官軍を前に幕府軍は
  総崩れし、歳三も100余人の隊士を率
  いて、大坂城へ退却。
  大坂城で再起を図ろうとするも、大坂

  城に居るはずの十五代将軍・徳川慶
  喜が密かに海路江戸に退いたことを
  知り、愕然とする。

  堅固な大坂城を基に決戦を挑もうとす
  る幕府諸隊に対し、将軍命令は天皇
  への恭順を示し解散せよというもの
  だった。
  江戸だけでも死守しようという考えで
  一路新選組は江戸に向かう。

□江戸に着いた歳三は、佐倉藩士・依田
  学海に鳥羽・伏見の戦い模様を尋ね
  られ、「もはや槍や刀では戦争は成り
  立ちません」といったという。
  この時、歳三は、近代兵器を手にする
  以外、互角に戦うことはできないと考
  えていたことだろう。

□1868年、三月一日。新選組は再起を決
  して甲陽鎮撫隊(こうようちんぶたい)
  に改め、甲府城に向かう。
  しかし、官軍東山道軍の進軍は早く、
  甲府城い着けず。

  同年同月六日に勝沼村で官軍との会
  戦を見るも、歳三の援軍依頼を受けて
  いた幕府軍菜葉隊と
  八王子千人隊は動かず、援軍無く甲
  陽鎮撫隊は近代兵器に身を包む官軍
  の前に各個撃破されていった。
  この戦いで近藤勇もはじめて近代戦に
  参戦したが、あまりの敗北に戦意を
  失う。

□敗北後、再起を図るべく綾瀬の五兵衛
  新田に再起の場を求めたものの官軍
  の察知は素早く、包囲されてしまう。
  近藤は切腹を覚悟するも土方の勧め
  で官軍に投降する。が、官軍は近藤を
  罪人として斬首した。

  歳三は、この間数名の隊士と共に江
  戸に向かい、勝海舟に近藤勇の助命
  を嘆願するが失敗に終る。
  仕方なく歳三は、国府台に駐屯中の
  大鳥圭介が率いる旧幕府軍に加わり
  、北関東を転戦し、しぶとく官軍に抵抗
  した。

□会津藩鶴ヶ城に入った歳三は、城を枕
  に討死を覚悟するが鶴ヶ城も1000発
  以上の砲撃の前に降伏。
  歳三は密かに会津を離れる。

□1868年、十月。今度は榎本武揚が率い
  る幕府が誇った幕府艦隊に合流し、
  一行は蝦夷に入る。

□榎本武揚を首領に新政府を樹立。歳三
  は、陸軍奉行並となり、五稜郭、松前
  城を攻略し、有能な指揮官ぶりを発揮
  した。

□1869年、四月九日。蝦夷地の春到来を
  待っていた官軍が上陸を開始。
  歳三は、二股口を防衛し、敗北一色の
  榎本軍で唯一勝利を重ねた。十七日間
  の官軍との攻防の末、退路が絶たれる
  恐れができたため、二股を捨て五稜郭
  に戻る。

□榎本軍は、五稜郭と函館湾の弁天台場
  だけとなった。
  弁天台場は新選組隊士が死守してい
  たが、官軍の侵攻により孤立無援と
  なった。
  これを見た歳三は、救出部隊を編成。
  最前線で陣頭指揮を執り、敗走兵を
  前線に戻す役目を負った。
  激しい激戦の中、銃弾が歳三の腹部
  に命中し、そのまま落命。
  享年35。

  榎本軍指揮官で唯一の戦死となった。
  榎本軍の降伏後、戦死者の中から土
  方歳三の遺体は発見されなかったと
  いう。
  戦後、榎本軍の指揮官は有能な指揮
  能力を認められ全員明治政府の軍役
  職に就任した。
  それだけに、函館戦争で無敗を誇った
  土方歳三の戦死は惜しまれてならない。

Wikipedia「土方歳三」から引用
”役者のようないい男”と評判を得た新選
組一の優男(やさおとこ)。

子供の頃は、色白で気弱な気質であった
ため、あの男には人など斬れぬといわれ
ていた。しかし、300人の隊士を厳しく律
したのが”鬼の歳三”であり、隊士たちにと
って、歳三は畏敬の存在であった。

池田屋事件をはじめ新選組の残虐な誅
殺は、全て歳三、指揮下で行われた。

参考:Wikipedia「土方歳三」