西郷 隆盛

さいごう たかもり

1827-1877 享年51歳。

薩摩藩士。

■通称:小吉、吉兵衛、吉之助(吉之介)、

諱:隆永、隆盛(※実父の名を受け継ぐ)、号:南洲

□薩摩藩主・島津斉彬に大抜擢され、
  江戸詰となる。

□将軍継嗣問題で一橋慶喜擁立運動
  が起こると、斉彬の命で東奔西走
  して活躍した。

□井伊直弼が大老となると安政の大
  獄が実施され、幕吏の追跡を受け
  、僧月照とともに帰藩する。

□佐幕論に傾いた薩摩藩からも追わ
  れる身となった隆盛は、1858年、
  月照とともに投身自殺を図ったが
  自分だけ助かる。

□奄美大島へ島流しとなる。

□1862年、許されて尊攘運動を開始
  するが、薩摩藩の実質的権力者・
  島津久光に嫌われて、再度流罪と
  なり沖永良部島に流された。

□1864年、同志の大久保利通らの赦
  免運動により、島津久光の許しを
  得て、帰藩を果たす。

□蛤御門の変、第一次長州征伐では
  藩論を統一し、幕府側に立って戦
  った。
  この時、薩摩藩は会津藩と密約し
  、会薩同盟が結ばれ、公武合体の
  実現を共に目指した。
  この政変で長州藩を京都より締め
  出すことに成功すると幕府を中心
  とする公武合体派の会合が朝廷内
  で開かれた。
  この参与会議は、当初からつまづ
  きを見せ、朝廷、幕府、薩摩藩、福
  井藩、会津藩など諸藩の意向は食
  い違いを見せた。

□第二次長州征伐が勃発すると討幕
  派へと転身した。

□大久保利通らとともに王政復古を行
  い、戊辰戦争では、大総督参謀と
  して勝海舟と会見。
  江戸城を無血開城させる大功を立
  てた。

□明治政府では、参議となり廃藩置
  県を断行する。

□征韓論を主張し、士族の危機を脱し
  ようとするが大久保利通、岩倉具
  視らの反対にあい敗北。
  下野する。

□帰郷後、私学校を開き、若き薩摩志
  士たちの育成に励む。

□西南戦争が勃発しその頭領に祭り
  上げられた。
  熊本城を攻撃したが名城ゆえに
  落とすことができず、撤退し、ついには
  、重装備の官軍の前に敗北。
  城山で自刃した。



↑西郷 隆盛
維新屈指の英雄として、
活躍した西郷を坂本龍馬は、
”西郷は馬鹿なり、大馬鹿なり。
しかし、その馬鹿の幅がわからない”と評して、
その逸材振りを感嘆した。
Wikipedia「西郷隆盛」から引用
Wikipedia「西郷隆盛」から引用
西郷隆盛の書。
「敬天愛人」は彼の目指す理想の姿であった。

参考:Wikipedia「西郷隆盛」