むらた しんぱち

1836-1877 享年42歳。

□通称:経麿、経満

□薩摩藩士。

 高橋八郎の三男として生まれ、幼くして、村田十蔵経典の養子となった。
  子供の頃から西郷隆盛を兄のように
  慕い、西郷が流罪に処されるとそれに
  連座し鬼界ヶ島に流された。

□その後、罪を許され、西郷隆盛の側近
  として活躍した。

□維新後、明治政府の役職に就く。

 1869年明治2年、鹿児島常備隊が結成されると、その砲兵隊長に就いた。

 1870年明治3年、大山巌とともに西郷隆盛に随従して、長州藩に赴き、

 奇兵隊脱退騒擾の現状を視察した。藩知事・毛利広封に謁見している。

 1871年、欧米使節団に加わり、欧米視察を行う。

 

  帰国後、西郷隆盛が征韓論を主張して、国政論争に敗れ、下野すると新八も同調して、下野。鹿児島へと帰郷した。

□西郷隆盛と共に西南戦争を起こし、
  奮戦するが戦死した。

 新八の長男・岩熊は田原坂の戦いにて戦死した。

 新八の次男・二蔵は、鹿児島へ引き返す途中で負傷するも、命をつないだ。

Wikipedia「村田新八」から引用

参考:Wikipedia「村田新八」